葛飾区、江戸川区の相続・遺言・成年後見なら新小岩の古川司法書士事務所

葛飾区、江戸川区の相続・遺言・成年後見なら新小岩の古川司法書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

03-6657-7995

電話受付時間 : 9:00~20:00 休業日:なし

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

代襲相続とは

被相続人(亡くなった方)に子供がいる場合には、通常であれば子供が相続人になります。

しかし、もし当該子供が被相続人より先に亡くなってしまったような場合には当該子供は相続人となることができません。

この場合に当該相続人となるはずだった子供に子供(被相続人の孫)がいる場合には、孫が子供の地位を代襲して相続人となります。
これを代襲相続といいます。

<具体例>
被相続人A、妻B、長男C、長男Cの息子(嫡出子)DとEがいる場合(CはAの死亡前に死亡しているものとします)

→この場合にもしCが生きていればBとCが相続人となっていましたが、Cは既に死亡しているため、
D、EがCを代襲して相続人となり、その結果B、D、Eの三人が相続人となります。
D,Eの相続分はCが得られるはずだった相続分2分の1をそれぞれ2分の1ずつ取得し、4分の1ずつとなります。
 相続分 2分の1 B
     4分の1 D
     4分の1 E

兄弟が相続人になるはずであったが、その兄弟が先に亡くなっており、その兄弟に子供がいる場合も同じように
代襲相続が発生します。

このように代襲相続が発生する場合には相続人の確定及び相続分の確定が複雑になりますのでお気を付け下さい

相続初回無料相談実施中
まずは初回無料相談をご活用下さい。
今後どのような手続きが必要であるのか、何をすべきであるのかの道筋がはっきりするようになります。

相続無料相談についてはこちらへ

無料相談受付中!
03-6657-7995
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~20:00(平日・土日祝日)】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top