葛飾区、江戸川区の相続・遺言・成年後見なら新小岩の古川司法書士事務所

葛飾区、江戸川区の相続・遺言・成年後見なら新小岩の古川司法書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

03-6657-7995

電話受付時間 : 9:00~20:00 休業日:なし

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

遺言能力とは

遺言を作成する場合には、当然ですが、自分の財産をどのように相続させたいかの
意思表示をできる程度の意思能力が必要となります。

この能力がない場合には、民法上の遺言を作成することができず、たとえ作成したとしても、その遺言は無効となります。

民法では、この遺言能力について、「15歳に達したものは、遺言をすることができる」と規定し、15歳以上の者について遺言能力を認めています。

しかし、15歳に達していれば、全て遺言能力が認められるかというと、そういうわけでもありません。

例えば、加齢や認知症等により遺言を作成できるだけの能力がないと認められるような場合であれば、たとえ15歳以上の者であっても遺言能力が否定されることもあります。

また、判断能力の衰えたため後見開始の審判を受けた成年被後見人が遺言を作成する場合は、民法では、医師2人以上の立会や立ち会った医師による遺言能力があったことの証明等の一定の条件を課しており、この要件を満たさずに成年被後見人が遺言を作成した場合には遺言は無効となってしまいます。

遺言を作成するということは、ある程度の年齢になり、判断能力の衰えが出てきたころに作成することが多いため、このような問題が発生しやすくなりますので、注意して下さい。

遺言作成サポートはこちらへ

相続・遺言初回無料相談実施中
まずはご相談下さい。
遺言を作成するべきであるのか等を専門家の意見を聞きながらご判断下さい。

遺言無料相談についてはこちらへ

無料相談受付中!
03-6657-7995
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~20:00(平日・土日祝日)】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top