葛飾区、江戸川区の相続・遺言・成年後見なら新小岩の古川司法書士事務所

葛飾区、江戸川区の相続・遺言・成年後見なら新小岩の古川司法書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

03-6657-7995

電話受付時間 : 9:00~20:00 休業日:なし

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

遺言の取り消し(撤回)

遺言には遺言者の生前の最終意思が書かれている必要があります。
しかし、遺言作成後長期間経過している場合等、遺言作成後に遺言者の意思が変わってしまうことは大いに考えられます

では、遺言者が遺言を作成した後、気が変わって、既に作成した遺言の内容と異なる内容で財産を相続させたいと感じた場合にはどうすればよいのでしょうか。
このような場合について民法は、「遺言者は、いつでも遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる」としています。
つまり、遺言は1度作成した場合でものちに気が変わった場合には、遺言の方式に従えばいつでも撤回が可能となっています。

なお、この「遺言の方式」とは既に作成した遺言と同じ方式である必要はなく、公正証書遺言の方式で作成された遺言を自筆証書遺言の方式で撤回することも可能です。

遺言作成サポートはこちらへ

相続・遺言初回無料相談実施中
まずはご相談下さい。
遺言を作成するべきであるのか等を専門家の意見を聞きながらご判断下さい。

無料相談受付中!
03-6657-7995
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~20:00(平日・土日祝日)】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top