葛飾区、江戸川区の相続・遺言・成年後見なら新小岩の古川司法書士事務所

葛飾区、江戸川区の相続・遺言・成年後見なら新小岩の古川司法書士事務所

【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

03-6657-7995

電話受付時間 : 9:00~20:00 休業日:なし

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

遺言執行者とは

遺言執行者とは遺言の執行(遺言実現のための行為)を行う者として定められた者のことを言います。

遺言を作成したからといって、必ずしも遺言執行者を定める必要はありません。
遺言執行者がいる場合には、遺言執行者のみが遺言の執行を行いますが、遺言執行者がいない場合には、相続人が遺言の執行を行うこととなります。

「未成年者」及び「破産者」は遺言執行者になることはできないとされていますが、それ以外であれば、司法書士や弁護士などの専門職である必要はなく、親族(相続人)を遺言執行者に定めることも可能です。

遺言執行者の定め方

遺言執行者の定め方は、
①遺言者が遺言によって、直接誰かを遺言執行者に指定する方法
②遺言者が遺言によって、遺言執行者の指定を誰かに委託する方法
③利害関係人からの家庭裁判所に対する遺言執行者選任の請求をする方法

のいずれかにより定められることになります。

遺言執行者の権限

遺言執行者は相続財産の管理その他、遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有します。

また、遺言執行者がいる場合には、相続人は遺言の対象となっている相続財産について、処分その他の遺言の執行を妨げる行為をすることが禁止されます。
もし、相続人が遺言の対象となっている相続財産について、処分その他の遺言の執行を妨げる行為をした場合には、その行為は無効となります。

遺言作成・検認手続きサポートはこちらへ

相続・遺言初回無料相談実施中
まずはご相談下さい。
遺言を作成するべきであるのか等を専門家の意見を聞きながらご判断下さい。

無料相談受付中!
03-6657-7995
今すぐ、お気軽にお電話ください。
担当者が丁寧に分かりやすく対応いたします。
【対応時間:9:00~20:00(平日・土日祝日)】
メールでのお問い合わせはこちらをクリック
Return Top